石垣島トライアスロン大会2009生中継!

宮古島が終わって1週間。

筋肉痛はすっかりとれましたが、日中は時々強烈な眠気が襲ってきます。
寝つきも異様に早いし。
まだ身体の芯の疲れが残っているのかな。

それと、食欲がありすぎて困ってます。
調子に乗って食べてると太りそうだ 汗
そろそろ動き始めないとjumee☆stretchingL2

幸い、故障していたところも、ランのペースを抑えたおかげで
悪化することもなく、身体のダメージは最小限だったようです。

今回怪我して初めて、トレーニング方法、身体のケアの方法、
生活習慣など、気付いたことがたくさんありました。

これからそれらをひとつひとつ改善して、簡単に壊れない、
しっかりとした身体作りをしたいと思います。


さて、宮古島を皮切りに’09トライアスロンシーズンが開幕しました。

明日は石垣島トライアスロン大会2009、そして石垣島ITUトライアスロン
ワールドカップが開催されます。

090111.jpg

その模様がFMいしがきサンサンラジオのホームページで
インターネット中継されます。
放送時間は朝7:00から夕方17:00まで、10時間の生放送です!
こちら→ http://www.fmishigaki.jp/

チームガナスからも4名参加です。
大阪から応援してますよー!みなさんワイドー!

☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロングッズたーくさんあります!



第25回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.5

もう何年も前からずっと、チームガナスを応援してくださっている、
地元、宮古島のオゴエ コンシェルジュのみなさん。

ご主人やスタッフのみなさん、子供達もすごく熱い応援を
してくださるので、とにかくみなさんのいる所まで行かなくては…。
これが心の支えでした。

K枝さんと一緒にオゴエさんのところに着いた時、制限タイムまで
あと1時間の花火が上がりました。

090422-13.jpg

残りは5.6km。

「なんとか間に合うかな。」
ここで、やっとそう思えました。

「絶対ゴールしましょうね!」
K枝さんに力強く励まされ、また元気をもらってあと5km。

ここからゴールの競技場まで、応援が本当にすごかった。

もちろんここまでにも、エイサーや、歌、声援など、たくさんの
応援をしてもらって、どれだけ励まされたかわかりません。

宮古島の人たちは、本当にあたたかくて、私達に大きなパワーを
与えてくれます。
まるで一緒に走って背中を押してもらっている感じ。

応援してくれた人全員にお礼が言いたくて、できる限りひとりひとりに
「ありがとう」を言いました。

競技場がだんだんと近づいてくると、ゴールアナウンスが聞こえてきます。

「あー帰ってきたんだ。」

そう思ったら、もう涙をこらえきれなくなって、泣きながら競技場へ。

競技場の入り口は、何重もの人垣で、人がひとりやっと通れる
くらいの隙間になっています。

もう涙でボロボロになりながら通っていくと、そこにいる人たちに
「お帰りー、よく頑張ったねー。」
という声をかけられ、ハイタッチ。

そしてチームのメンバーと再開。
みんなと握手して、帰ってきたことを実感。

最後は店長と二人でゴール。

090422-11.jpg

長かった、本当に。
でも、あきらめなくてよかった。

今までにないくらいたくさんのハードルを、なんとか越えて辿り着いた
ゴール。

この長い道のりで、考えたこと、気付いたことがたくさんありました。
ハードルがなかったら、気付かなかったことも多かったでしょう。

今はすべてのことに感謝です。

そして、私を支えてくださったすべての方に感謝します。

本当にありがとうございました。

090422-12.jpg

☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル入荷!



第25回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.4

今回、一番不安だったラン。
バイクゴールが関門ギリギリだったら、ランに残されたタイムは5時間半。

ふくらはぎの故障で、3月以降のラン・トレーニングは38kmのみ。
この状態で完走を目指すには、6時間はほしいところ。

スイムで予想以上に時間を使ってしまったので、バイクの途中で、
「完走は難しいかも…。」と思った時もありました。

でも、なんとか6時間残せたので、もうそれだけでうれしかったです。
着替えのテントでチームのO森さんに会って、泣きそうになって
しまいました。


スタートの前にトイレに行くと、前の人がなかなか出てこないので、
そこでしっかりストレッチ。

ランでふくらはぎに痛みが出ると走れなくなってしまうので、
バイクからランに移る時にしっかりストレッチしなさいと言われていました。
何もなければストレッチもそこそこに、焦ってスタートしていたかも
しれません。
トイレが長かった前の人に感謝ですね。

090422-9.jpg

3週間前に3度目の故障をして以来、一度も走っていなかったので、
最初は本当にゆっくりペース。

いつもだったら、前にいる人を目標に少しでも近づこうと頑張るのですが、
今回は、抑えて抑えて、走れる喜びをかみしめて、またうれしくて
泣きそうになりながら走っていました。

10km地点で時計を見ると、ちょうど7分/kmペース。
42kmを6時間で走るには、8分20秒/km平均で行かなくては
いけません。

少し貯金ができたけれど、後半は絶対にペースダウンするので油断大敵。

とにかくふくらはぎに痛みが出ないことを祈りながら、ガマンガマンの走り
でした。

バイクコース同様、宮古島のランコースもアップダウンの連続です。
高低差はそんなにないのですが、目の前に上り坂が見えてくると、
それだけで、歩きたくなってしまいます。

保良の折り返しの時点で残り3時間15分。
前半が2時間40分くらいだったので、35分の貯金です。

折り返してすぐ、わりと急な登りがあります。
このあたりから、周りに歩いている人が多くなってきました。
だんだんとペースが落ち、なんとか走っていても、早歩きの人に
抜かれる状態。

「そうか、無理して走ることないんだ。」

ここで気持ちを切替え、登りは歩き、平坦と下りは走ることにしました。

日はだんだんと暮れてきて、あたりが暗くなり始めた頃、
チームのK枝さんが追いついてきました。

この時点で私はもうかなりペースが落ちていて、これ以上遅くなると
完走が危うくなるところでした。

なんとか彼女の背中を見失わないように、歩いたり走ったりを繰り返し
ました。

そして35kmの関門。
「このまま9分/kmペースで行けばゴールできますよ!」

K枝さんに励まされて、あと7kmを頑張る勇気が湧きました。

☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル入荷!



第25回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.3

スイムを終え、バイクスタートしてすぐに気づいたこと。
それは…

「スピードメーターが動いていないっ!」

昨日、バイクをセットする前は動いていたのに…。

しかたなく止まって、センサーの位置を動かしてみましたが
表示される気配なし。

もうこうなったらあきらめるしかない。

腕時計の時間と距離表示の看板を頼りに、だいたいの速度を
計算しながら行きました。

それにしても、電池は入れ替えたばかりだし、なんで???と
思いながらふと見ると、さっきまであったはずのメーターが…ない!

あー、さっき段差を乗り越えた時に飛んでいったんだ…と
気づいても、探しに行くわけにもいかず、ショックでしばらく
立ち直れませんでした。
福知山のご褒美のメーターだったのに…。

あとで考えたら、バイクセットする前に、雨に備えてメーターに
ビニール袋をかぶせて輪ゴムで止めていたんです。
でも、それだと光って見えにくいのではずした時に、メーターの
ロック部分に触ってしまって、たぶんロックが外れたんですね。

今ごろ理由がわかってもあとの祭。
とにかく、どのくらいの速度で走っているのかわからないので、
だいたいこのギアでこんな感じで回してこれくらい…と想像してました。

090422-7.jpg

宮古島のバイクコースは、島を1周半する155kmです。
スタートして北へ上がるまでは追い風で、良い感じだったのですが、
北端の池間島をまわってからは強烈な向かい風。

あとで聞いたら、地元のトライアスリートもびっくりするくらいの強風
だったそうです。

後輪がバトンのせいか、突風であおられることもしばしば。
片手で補給している最中で、こけそうになったこともありました。

090422-8.jpg

↑この写真、きつい坂を上りきった所ですが、ヘロヘロに
なっているのがよくわかります。顔は笑ってますけどね。

宮古島のコースは平坦で楽だって、よく言われてますけど、
そんなことはないです。

直線は多いので、DHポジションは長く使えますが、緩やかな
アップダウンの多いコース。今回はそれに向かい風が加わったので、
練習不足の身にはかなりきつかったです。

後半、2回目の池間大橋を渡ったあとは、何度もケイレンする脚を、
クランプ・ストップで押さえ込み、止まっているヒマはないので
バイクに乗ったままペダルを止め、脚を伸ばしてストレッチ。
DHポジションを取るのもきつくなって、最後はパッドの所を持って
走っていました。

メーターがなかったので、制限タイム内にバイクゴールできるのか
かなり不安でしたが、関門まで30分近く残してゴール。
ランに、少し時間を回すことができました。


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル入荷!



第25回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.2

レース当日の朝。

薄曇りで、気温はちょうど良い感じ。
水温も23.5度。
コンディションは良好です。

チームのメンバー14名中、宮古初出場が7名。
もう前日から、「緊張する~」という発言が何度も…。

1,500名一斉スタートという、日本最大のトライアスロン
レースですからね。
会場の規模も大きいし、スタイルのバッチリ決まった
いかにも速そうな人がたくさん。
もちろん有名選手もいっぱいです。

090422-5.jpg

どこに行っても人、人、人で、チームのメンバーも自然と
それぞれ少人数のグループに分かれてスタートの準備をしました。

スイムスタートは、バトルを避けるためにアウト側の一番後ろから。
一緒にいたK郷さん、S木さん、C嬢と4人で円陣を組んで、
「完走するぞ、オー!」
とかけ声をかけて気合いを入れました。

090422-6.jpg

ほぼ最後尾からスタートしたので、それほどバトルもなく、
1700mまではわりとスムーズにいけたと思います。
でも、最後のターンのあとからうねりが出始め、ぜんぜん前へ
進まない!

きれいに底が見えるので、ひとかきでどのくらい進んでいるのか
見てみると、進むどころか後ろに戻ってるー!

しかも、まっすぐ進まず、かなり蛇行してしまって、岸が全然近づいて
こない。

やっとの思いでスイムフィニッシュして、恐る恐る時計を見ると、
なんと 1°18′これまでのワースト記録更新です。
プールだと1時間で泳げるんだけどなぁ。。。

スイムゴールで待っていた店長に言われる前に、自分で
「遅すぎるーっ!」
って言っときました(T_T)

☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロン・グッズ たーくさんあります!



第25回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.1

宮古島に出場すると決め、10月に申し込みをしてから半年。
ものすごくいろんなことがありすぎて、長い長い半年でした。

そして今回、宮古島のゴールテープを切るまでには、本当にたくさんの
ハードルを越えなければならず、私の中で初レースに匹敵するくらいの
心に残るレースとなりました。


081224-3.jpg

まず、年末に事務局から届いたのは出場許可ではなく
キャンセル待ちの通知だったこと。

もちろん初めての申し込みだったのである程度予想はしていましたが、
実際にそうなってみるとやはりモチベーションは下がり気味。
これを理由にしてはいけないとわかっていても、
やはり1月のバイク練習量は激減。

今考えると、このあと2月に入って合格通知が来てからの、
無理なローラー台練習と、ランに集中した結果が、ふくらはぎの
故障につながったのでしょう。

これまであまりやってこなかった冬場と花粉の時期のトレーニング。
バイクの練習量が思うように伸ばせず、
気持ちばかり焦って走るとさらに故障の繰り返し。
今考えると、気持ちと身体がバラバラの状態でした。

なんとかレースまでに回復させたいとの思いで病院に行ったら
ふくらはぎの故障は、腰椎ヘルニアが原因との診断。

レースまで残り3週間。
この時点で完走するためにでできることといえば、いっさいトレーニングを
しないということだけ。

今回ほどゴールテープが遠いと思ったことはありませんでした。
気持ちは不安定になり、出場をやめようかとも思いました。

でも、せっかく頂いたチャンス。
もうレースまで日がないので、私が今出場を辞退しても、代わりに誰かが
出場できることもないでしょう。
それなら、可能性がある限りゴールを目指したい。
このときは、とにかく焦る気持ちを抑えてガマンガマンの日々でした。


レースまであと1週間になった頃、それまで見てもらっていた先生から
だいぶ良くなっているからスイムとバイクはやって良いと言われました。

1週間前に焦ってやって疲れを残すわけにはいかないし、バイクはもう
宮古へ発送しなければならず、ほとんど何もできませんでしたが、
「良くなっている」という言葉がうれしくて、希望の光が差した気がしました。


そして宮古入り。

090422-1.jpg

チームのメンバー14人と共に宮古島を満喫して、テンションは急上昇です。

090422-2.jpg

宮古島の空、海、風、そして人なつっこくてあたたかい人たちと
ふれあうと、今までくよくよしていた自分が嘘のように前向きに
なって、ゴールまで行けるかな…から、ゴールまで行こう!と
思えるようになっていきました。

090422-3.jpg


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル入荷!



応援ありがとうございましたm(_ _)m

みなさんの応援と宮古島の不思議なパワーで完走することができました。
(制限タイムぎりぎりになってしまいましたけど)
詳しくは帰ってからご報告しますね(*‘‐^)-☆



おはようございます

20090419061510
お天気良さそうです。
熱ーい一日になりそうです(*^_^*)



準備万端

20090418205922
さぁ、明日です。
暑くなりそうですが、頑張りますo(^-^)o



暑い!

20090418173151
試泳してきました。
透き通るエメラルドグリーンの海は感動です。
魚が手でつかめそう。いつまでも泳いでいたい…。



お昼

20090418123711
丸吉食堂のソーキそばです。
サイコーです!
まわりはみーんなトライアスリート。



声だけですけど…

20090418113052
チームガナスのメンバーみんなでFM宮古に出演しました。
明日レース中にオンエアされます。
面白いコメントは何度もリピートされるらしいです。
チームガナスも宮古島で有名になるかなー



雨あがって快晴(^_^)v

20090418073959
おはようございます!東平安岬の日の出です。
ちょうど雲がきれてきれいに見えましたo(^-^)o
なんだかいい予感。。。



がんばりまーす

20090417204414
チビッコ応援団も頑張りますよー(^o^)/



プチ宴会です

20090417204311
レース前なので酒量はちょっと控え目?です。
お料理、全部美味しすぎ!



行ってきまーす(^o^)/

20090417114327
今から搭乗します。
宮古島は暴風雨らしいです(>_<)



’09宮古島情報です

宮古島大会まであと1週間となりました。

今回は脚の故障で、思うようにトレーニングできませんでした。
これまでロングに出場してきた中で、一番少ないです ××

一時はDNSも考えましたが、せっかく頂いたチャンスなので
可能性がある限りゴールを目指したいと思い、その後もできる
限りのことを準備してきました。

やってみないとわからないという感じですが、
チームのメンバーと、また、一緒に参加する選手のみなさんと共に
レースを楽しみたいと思います ポッ・・・


さて、今年の宮古島は25回記念大会という節目の年 クラッカー
大会の計測システムが、バーコードからアンクルバンドに変更されたり、
ランコースの変更もあり、新しい未来へ向けての進化が始まるようです。

そして、今年新たに導入されるのが、レース当日に選手の
各ポイント通過状況がネットで検索できるというシステム。

パソコンと携帯のどちらでも見ることができます 目

パソコンの方では、コース上に設定された各ポイントの到着、未着を
一覧で見ることができます。

ゼッケンNo.順や、名前順、年齢順などで並べ替えもできて、
とっても便利。

携帯の方は、選手のゼッケンNo.を半角で入力すると、各ポイントの
通過時刻が表示されます。

これは本当に画期的なシステムですね うわぁ・・・

今年、チームガナスからは14名という大所帯で参加するのですが、
店長は現地でひとりで応援します。
全員を見逃さないようにしようとすると、トイレにも行けないくらい大変。

そんな時、これは強力なツールになりそうです GO!→
今、どのあたりを走っているかがわかりますからね。


そして、今年もレースの模様がネット中継されます。
宮古島に行かなくても、現地の雰囲気を十分に味わえますよ !!

これらの情報は、宮古島大会公式ホームページに掲載されています。
詳しくはそちらをご覧下さい。


計測地点通過システム(パソコン用)はこちら
http://www.mspo.jp/09miyako/

計測地点通過システム(携帯用)はこちら
http://www.mspo.jp/09miyako/i

レース当日のネット中継はこちら
http://www2.miyako-ma.jp/trymedia/


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル入荷!



ビギナーにおすすめのレース!

水曜日は息子の入学式でした。
最高に良いお天気で、桜も満開 桜の木

090408

新たなスタートにふさわしい日となりました。
奇しくも姉弟で同じ高校に入学。
これから3年間、楽しく充実した高校生活を送ってほしいです。
クラブや行事、そしてもちろん勉強もね しっかり学習しましょう!


さて、4月に入り、今シーズンのレース情報が続々と届いています。

今回は、関西周辺のビギナーにおすすめのレースをご紹介します。

びわこトライアスロン&ちびっこチャレンジin高島
<距離> 
びわこトライアスロン S:0.6km/B:22km/R:7km
ちびっこチャレンジ(低学年) S:50m/B:3km/R:0.8km
ちびっこチャレンジ(高学年) S:100m/B:3.8km/R:1.2km
<開催日>
7月 5日 (日)
<申込期間>
4月 2日 (木)~ 5月 13日(水)

スイムはびわ湖を泳ぎます。(ウエット着用義務)
ちびっこのスイムは温水プールを使用。
バイク、ランは平坦なコースです。
主催する高島市のホームページにはまだアップされていないようですが、
募集要項は下記で配布しています。
電話、ハガキ、FAX等で請求すれば送ってくれます。

〒 520-1292
滋賀県高島市安曇川町田中455番地
高島市教育委員会市民スポーツ課内
実行委員会事務局
電話 0740-32-4459
FAX 0740-32-0990


コスミックレディース&ビギナートライアスロン大会 in せんなん里海
<距離>
SWIM:750m BIKE:20Km RUN:10Km  
<開催日>
6月 21日(日)
<申込期間>
~ 5月 20日 (水)

制限時間が原則なし、初心者優先の大会です。
詳しくは大会公式サイトをご覧下さい。


第22回 ジャパンショートトライアスロン赤穂大会
<距離>
1部(午前)  SWIM:500m BIKE:20km RUN:5km
2部(午後)  SWIM:1.5km BIKE:40km RUN:10km
<開催日>
7月 19日 (日)
<申込期間>
~6月21日(日)消印有効(但し、定員になり次第締め切り)

安全性の高いコース。 初めて出場される方も大歓迎。
詳しくは大会公式サイトの、スケジュールの欄をご覧下さい。


第20回記念大会 赤穂トライアスロン大会
<距離>
A組(午前)  SWIM:1km BIKE:30km RUN:5km
B組(午後)  SWIM:1.5km BIKE:40km RUN:10km
<開催日>
8月 30日(日)
<申込期間>
~7月26日(日)消印有効(但し、定員になり次第締め切り)

安全性の高いコース。 初めて出場される方も大歓迎。
詳しくは大会公式サイトの、スケジュールの欄をご覧下さい。


第11回丹波市ファインキッズトライアスロン大会
<距離>
一般の部 SWIM:400m BIKE:20km RUN:5km
その他の部はそれぞれ距離設定が異なります。
<開催日>
5月 24日 ( 日 )
<申込期間>
~4月30日(木) 必着

小学1年生~一般の部まであり、キッズリレー(小学生・三人1チーム)、
一般リレー(三人・1チーム) もあります。
スイムは温水プールです。
詳しくは大会公式サイトをご覧下さい。


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロングッズたーくさんあります!



新しい風

春と言うには寒すぎる日が続いていますjumee☆faceA134
今日から4月。
いよいよ今年もトライアスロン・シーズンの開幕が近づいてきました。

そして、それに合わせるかのように、うれしいニュース ♪ピンク

新しいトライアスロン雑誌、「Triathlon Trip」が創刊されることに
なりました。

編集長は、謝 孝浩さん。
フォト・ディレクターは本多ジェロさん。

お二人とも長年トライアスロンにかかわり、ご自身もトライアスリート。
そんなお二人が目指すのは、トライアスリートらしい目線の雑誌作りです。

サブタイトルは、
Keep your pace ,like traveling your life.
人生を旅するように、あなたのペースで。

トライアスロンも人生もまさに旅。
それぞれのペースで楽しんで行ければ最高ですよね。
素敵なトライアスロン・ライフのための情報誌になりそうです。

まず、宮古島大会で創刊準備号を無料配布。
そして創刊号は、IRONMAN JAPAN で発売される予定となっています。


楽しみですーkao04


雑誌を創刊するということは、私達には想像もできないくらい
大変なことだと思いますが、楽しみに待っている多くのトライアスリート、
そしてトライアスリート予備軍のためにも是非頑張って頂きたいと思います。


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル続々入荷中です!



  • カテゴリー 
    NEWS