びわ湖トライアスロンin近江八幡

びわ湖トライアスロンin近江八幡の応援に行ってきました。

びわ湖といえば、1985年から1997年の13年間、
アイアンマン・ジャパンが開催されていたところ。

私も1989年に出場しました。
まだ20代前半、途方もなく長い距離に挑戦することが、
楽しくって仕方なかった頃。(今もですけどね♪)

当時のコースは、
スイムは松原水泳場をからいったん沖へ出て、
彦根プリンスホテル(当時)へのワンウエイ。
バイクはびわ湖を北上し、余呉湖をまわって、
伊吹山の山麓を走るアップダウンの多いコース。
ランは奥びわスポーツの森から長浜市街の
湖岸道路を走り、豊公園へゴールするというものでした。

ベテラン・トライアスリートにとっては、とても懐かしい場所ですね。

今回のレースは、その少し南にある近江八幡市での開催。
距離はオリンピックディスタンス、51.5㎞です。

チームガナスからはメンバー20名が出場。
そして13名の大応援団!

150616-1.jpg

今回のコース、スイムは琵琶湖を三角形に2周回1.5㎞。

150616-5.jpg

びわ湖の水、今回は少し水温低め。
沖へ出ると、少しうねりもあったようですが、
透明度は高いです。

黄色い大きなブイと、その間に赤い棒状のブイがあって、
見やすかったようですよ。

150616-3.jpg

スイムを終えると、湖岸沿いのトランジションへ。
そこからバイクコースへ向かいます。
田園地帯へ入って、途中を4角形に4周回して戻るコース。
平坦な40㎞です。

150616-4.jpg

応援は大会が用意してくれた観戦者用バスで、
バイクの周回部分まで行くこともできましたが、
チーム全員を応援しようとすると時間的に無理だったので、
バイクゴール付近に待機。

本当はもう少しバイクを応援したかったな。

そして、ランは湖岸の道路を2往復10㎞です。
ゆるーいアップダウンが続きますが、
両側に木が生い茂っているので、日光が遮られて快適だったようです。
完全往復コースなので、
メンバー同士、何度もすれ違い、
ハイタッチしたそうです!

150616-9.jpg

ランの応援も、コースに入ることができないので、
ゴール手前に待機。
ここに載せたのは一部のメンバーですが、
皆さん本当にいい笑顔でゴールへ!

チームガナス全員ゴール!
皆さん完走おめでとうございます

ガナスからレース会場まで約1時間半。
前日受付をして一旦家に帰れる距離です。
やはり近いというのは、とっても楽ですね。

今回が第1回のびわ湖トライアスロンin近江八幡。
新しい大会を立ち上げるのは、本当に大変なこと。
大会スタッフの皆さんは多くのご苦労があったことと思います。
トライアスロンの歴史が息づくびわ湖の地で、
新たな大会のスタートに立ち会えて、とてもうれしかったです。
これからまた新たな歴史を刻んでいってほしいと思います。


最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ



2015 IRONMAN 70.3 セントレア知多半島JAPAN~ラン

さて、最後のランです。

内海高校の元気な生徒さんたちに送り出されてトランジションを出ると、
いきなり石ころゴロゴロの未舗装道でビックリ。
そこからしばらく下りだったので、舗装路に入ってからは調子よく足が前に出る!
さっきまでのケイレンはどこへ???

ここでもバイク前半と同じく調子に乗ってスピードアップ。
ぜんぜん懲りてませんね^^;

そのすぐあと、目の前に現れたのは、
まさに壁のような上り坂。
そしてまた急な下り坂。
バイクで走ってきた自動車専用道路の側道です。

最初はわりと短めの坂だったのに、
だんだん長くなってくる。

当然、スピードダウン。
GARMINを見ると、キロ7分ペースまで落ちています。
歩きたくなる衝動をなんとか抑えて前へ。

4~5回激坂を上ったでしょうか。
ボランティアの方が、「長い坂はこれで最後ですよー。」
と言ってくれたのですが、
横を走ってた選手と、「ホントかなー?」
「信じないでおきましょう。」
なんて話しながら走っていました。

でも実際に、長い坂はそこまで。
まだ少し上りはありましたが、短め。
その後だんだん下り基調になり、残り5㎞くらいからはほぼ平坦でした。

ランの後半に入り、前半はおさまっていた脚のピクピクが再発。

これだけハードなコースを走ってきて、
脚にこないわけがありません。

頼みの綱のクランプストップも残り少なくなってきて、
「なんとか最後までもってー!」
と、祈るような気持ちでした。

あ、そういえば、最後には護岸道路への階段の上り下りもありました。
さすがにここは、ゆっくり歩きましたよ。

階段あり、激坂あり、トレイルあり、
ホントに変化ありすぎの飽きないコースです。

150607-9.jpg

沿道では、元気の出る応援をたくさんいただきました!
おばあちゃんの、「しっかりねー」というやさしい応援や、
海岸線では、堤防に座った漁師風のおじさま方の、
「おーい、おねえちゃん、ほらっ、がんばれー!」
という、威勢のいい応援、
また、地元チームの大応援団の皆さんの大きな声援も。

「ありがとうございまーす!」
と答えると、その一瞬は脚のケイレンも忘れて笑顔になります。
こういうやり取りもトライアスロンのおおきな魅力のひとつ。

150607-10.jpg

そして最後のカーブを曲がると、ゴールまで一直線。
ハイテンションなMCのアナウンスに迎えられ、歓喜の瞬間!

150607-11.jpg

ラン21.1km 2:06:06

トータル6:28:24

150607-time.jpg

スタート前、店長に言った目標タイムをクリア(*^∇^*)

年代別5位(20人中)は、いい位置すぎて、ビックリです。

本当にタフなコースでしたが、
コース上の案内表示、誘導がしっかりとされており、
迷路のようなクネクネコースも安心して走ることができました。
ボランティアの皆さんにも、最高のサポートをしていただきました。
さすがIronman!

そして、チームから参加したメンバー11名、全員無事ゴール*ヽ(^o^)ノ*

レース後はメンバーと完走をたたえ合い、
「あの坂きつかったねー!」
などと話すのが、また楽しい!

今年は宮古島に落選し、いろいろと考えた末に選んだレース。
これまでは年に1本、ロングに出場していたので、
宮古島に当選していたら、このレースに出場することは考えなかったはず。

此れなんぞ福と為らざらんや

ロング、ミドルなど、距離にかかわらず、
トライアスロンってホントに楽しい!
長年やってきて、改めて実感しました。

来年は、どのレースにしようかな。
今から考えるのが楽しみです♪




最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ



2015 IRONMAN 70.3 セントレア知多半島JAPAN~バイク

スイムを終え、トランジションへ。

バッグをとって更衣室へ入ると、
そこは満員の寿司詰め状態。
女子はほとんどみんな更衣室に入りますから、
場所を確保するのも大変です。

下が泥んこのぐちゃぐちゃなので、
バッグの中身を全部出すわけにいかず、
みんなやりにくそう。

空いている場所を探して着替えていると、
横からサングラスが飛んできました。

サングラスを拾って手渡すと、「Thank you.」という声が。
あ、外国の方だったのね。
さすがIronman、インターナショナルだなぁ。。。
いやいや、こんなところで感心している場合ではなく、
急がねばー!

バイクをピックアップして、スタートラインへ。
ここまで、けっこう遠かった。

スタートライン横で店長がカメラを構えて待ってました。

バイクコースの最初は約16㎞×2周、平坦な高速部分です。

150607-5.jpg

スイムであまり追い込めなかったので、
自然とスピードアップ。
脚が回る回る~♪

Uターンが何度もありましたが、無事クリア。
ここはやっぱりロードバイクでよかったです。

この平坦区間では、スポンサーでもあるLIXILの方々から、
にぎやかで熱い声援をいただきました。

工場地帯で、応援はないものと思っていたので、
すごくうれしかった!

150607-6.jpg

最初の30㎞は、58:08で通過。
ちょっと飛ばし過ぎたかも…^^;

その後、新舞子ファインブリッジを渡り、常滑市内のクネクネ部分へ。
ここからアップダウンが始まります。

事前のアナウンスどおり、右折、左折、そしてまたUターンが多い!
気持ちよーく下ったと思ったら右折して上り坂、というような所がたくさんあり、
一部右側通行の箇所もあります。
ブレーキングから立ち上がりの繰り返し。
この部分を速く走るには、バイクテクニックが必要ですね。

危険箇所の手前には「Slow down」の大きな標識があって、
ボランティアの方が拡声器でアナウンスされていました。
そしてアナウンスも英語。
さすがIronman…と、ここでも感心。。。している場合ではなーい!

前半、調子に乗って飛ばしたせいか、
小刻みなアップダウンの波にうまく乗り切れず、
ちょっと中だるみ。

ちょうどすれ違ったチームのFさんに声をかけてもらって、
少し復活。
(Fさん、ありがとうございます!)

150607-20.jpg

そして、3つ目のエイドでもらった水が冷たくて最高でした!
バイクのエイドに置いてあるのは水だけなので、
止まってトルピードのエアロボトルに水とトップスピード・タブレットを入れ、
ついでにShotzトップスピード(カフェイン入りアミノ酸)も補給して、
再スタート。

このあたりから、少し大腿四頭筋がピクピクし始めていました。
塩分はしっかり補給していたので、不足していないはず。
原因はやっぱり前半のオーバーペースかな。

レースになると調子に乗って飛ばし過ぎるのは、抑えようにもなかなか難しい…。

そんなことを考えているうちに、楽しみにしていた知多半島自動車道へ。

片側2車線を完全交通規制して、そのうち1車線は緊急車両用、
選手は右端の1車線を走ります。

1車線といっても広いので、まったくストレスなし!
そして、ゆーったりとした上り下りの連続。
最高のコースです!

下りでスピードアップしてその勢いで上りへ。
またまた調子に乗って飛ばしていたのですが、
ここでまた、大腿四頭筋がピクピク…、というより、
ぎゅーっとつかまれている、あのイヤーな感じ。

背中のポケットに入れていた、
ケイレン止めのクランプ・ストップを、
5分おきくらいに舌の裏にシュッっとスプレーして、
けいれんをなんとか逃しながらペダルを回しました。

心臓は全くしんどくないのです。
こんな気持ちいいコースを思いっきり走れないなんて、
もったいないっ!!!

クランプストップが効いている間に思いっきり脚を回すので、
次のケイレンの波が来たときには違うところもケイレンし始め…。

それでもまだクランプストップが効いてくれたので、
最後まで走りきることができました。

バイク90㎞ 3:23:12

またまた今回も、得意の(?)ケイレンパターンにはまってしまった…。

でも、自動車道を走るあの気持ち良さは最高でした(*^o^*)


最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ



2015 IRONMAN 70.3 セントレア知多半島JAPAN~スイム

スイムから、レースシーンを振り返ってみます。

女子のスタートは8:40の予定でした。

スタート地点に集合した選手たちを盛り上げようと、
外国人MCのお兄さんとお姉さんが、
「スリー、ツー、ワン」と声をかけ、選手が「おーっ!」
と叫ぶことを繰り返していました。

150607-19.jpg

最初は小さかった声が、だんだん大きくなり、
いい感じの盛り上がり。

そしてスタート時間が迫ってくると、緊張感が漂ってきて、
少し間があきました。

スタートまで1分を切った頃、
もう一度「スリー、ツー…」とかけ声がはじまり、
選手が「おー!」と叫ぶと、前列にいた選手が、
スタートの合図と勘違いして、飛び出してしまい、
そのあとの選手も続いて泳ぎだしてしまいました。

私と、チームのNちゃんは後ろの方にいて、
スタートせずにすみましたが、
20人くらいの選手が20~30mくらい先まで行ってしまったので、
戻ってくるのに時間がかかり、
結局、「5分後にスタートのやり直し」というアナウンス。

戻ってきた選手が、意外とみんな笑顔(苦笑い?)
だったので、少し救われました。

150607-1.jpg
仕切りなおして2回目のスタート。

水温が少し低めで、今回は袖なしロングジョンのウエットスーツだったので、
泳ぎだすと腕全体が冷たくてしびれるような感じ。
でもそれもすぐに解消されました。

それよりも、スタート前にきつく感じて、少し緩めたゴーグルが、
ゆる過ぎたのか、海水が入ってきてしまい、
右目がほとんど見えない状態(+o+)
イタイよー!

スタート直後のバトルの中、止まることもできず、
しかたないので片目を閉じたまましばらく泳ぐことに。

150607-2.jpg

ブイが大きかったので、片目でも何とか進む方向がわかって助かりました。

その後、まわりが空いてきたので止まってゴーグルを直し再スタート。

そして、最後のブイが過ぎ、ゴール地点を確認しようと、ヘッドアップ。
ん?ゴールが見えない!
止まってゴーグルを上げてみてもよくわからない…。
しかたないので、横にいた数名の選手についていき、
しばらくしてやっとゴールが見えてきました。

何度も方向確認したので、ずいぶんなタイムロス。

ゴールの近くに大きな風車があったので、
事前にそれを目印に位置確認をしておくべきでした。

150607-3.jpg

スイム1.9㎞ 43:08

今回のスイムは完全に失敗。
なんだか心拍も上がりきらず、ちょっと不完全燃焼な感じでバイクへ。


最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ



2015 IRONMAN 70.3 セントレア知多半島JAPAN~スタート前

IRONMAN 70.3 セントレア知多半島JAPANに出場してきました。

総距離113.1km、マイルに換算して70.3です。

6回目となる今年のコースは、愛知県知多市、常滑市、半田市、
武豊町、美浜町、南知多町の6市町にわたります。

バイクコースの最後には15㎞弱の自動車専用道があり、
それが大きな楽しみの一つでした。

レース当日の空は曇り。

150607-15.jpg

暑くもなく、寒くもなく、言い訳できない、まさにパーフェクトなお天気です。


150607-14.jpg

水温は少し低めの20.2℃。
エリートもウェットスーツ着用OKです。
(エイジは24.5℃以下、エリートは21.9℃以下でウエット着用可)

スタートは10分間隔の8ウェーブ。

最初はエリートで、その後、年令別にスタート。
女子は最終組です。

150607-16.jpg

時間に余裕があるので、なんだかゆったりしてます。

150607-18.jpg

スタート前に店長から「目標タイムは?」と聞かれ、
スイムとトランジションで1時間、バイク3時間半、ラン2時間で
合計6時間半、と言っていました。

ランコースの坂がきついと聞いていましたが、
まさかあそこまでとは思いもせず…



最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ