レンズが飛んでいった~ \(*o*;)/

それは、きのうの夜のこと。

お店を閉めた後、ランニングに行った店長が、帰って来るなり
「メガネのレンズが飛んで行った~」

「えっ???」 そういえば、いつもしているメガネを手に持っている。

「ランニングしてたら、いきなりパキッって音がして、レンズが
どっかいったんや。」
と言って、レンズが片方なくなったメガネをかける店長。

一同、大爆笑。

どうやら、枠とレンズを固定していたネジがはずれて、レンズが飛んで
いってしまったようだ。


とにかく、片方レンズのメガネは役に立たないので、夜の10時頃から
懐中電灯を持って、探しに出かけた。

現場は、ちょうど街灯がとぎれて薄暗いところ。ふたりで歩道の隅から
隅まで探すが、なかなか見つからない。

「やっぱり暗いから、見つけるの無理かなぁ…」と、あきらめかけたその時、
きらっと光る物を発見!「あったー」\(^O^)/

残念ながら踏まれて傷ついてたけれど、とりあえず次のメガネができるまで、
両方レンズの入ったメガネがかけられる。


ほっとした、帰り道の店長談。

「レンズが飛んだあと、メガネかけて必死で探したけど、よく考えたら、
片方レンズないメガネでなんぼ探しても、みつかるわけないよなぁ。」
(店長、パニックだったんですね。)

「はじめは、何が起こったかわからなくてなぁ、最近はカマ振り回すやつも
おるくらいやから、銃で撃たれたかと思ったよ」
(店長、大げさです。)


そういえば、4~5年前にも、メガネにセミがとまって、ビックリして
手ではらったら、メガネが、すぐ横の川に落っこちたこともあった。

店長!ランニングするときは、メガネに注意です!