ついに登場!GARMINフォアアスリート910XTJ日本語表示版!

ガーミンの最新機種、フォアアスリート910XTJ 日本語表示版
本日入荷しました!

121122xtj.jpg


最近はさまざまなメーカーからGPSウォッチが発売されていますが、
機能で比較すると、やはりガーミンが一歩先を行っている感じ。

例えば信号ストップ機能。
ガーミンのフォアアスリート405以上の機種についている機能で、
信号などでストップすると、計測が自動的に止まり、
走りだすと、また自動的に計測を開始します。

これは本当に便利。

私も405を使いだしてからは、もう手放せないものになりました。

ただ、既存の機種は、スイムに対応しておらず、
稼働時間も約8時間と、ロングのレースでは使えないものでした。

私も、レースの時はランの時だけ使っていました。


今回発売された新機種は、その不満を一気に解消する、
画期的なものなのです。


ご存知の方も多いと思いますが、
この新機種の英語版はすでに発売されており、
その後、日本語版が出るのを首を長ーくして待っていました。


日本語版は、表示が日本語というだけではありません。

英語版との一番の違いは、
日本の衛星「みちびき」に対応しているということです。

「みちびき」は日本の衛星だけあって、日本の真上にあることが多く、
日本からGPS信号を受信しやすく、大きく空が開けてないような、
条件の悪い場所でも測位出来る可能性が高くなります。

もちろんアメリカの衛星空の信号も受信しますよ。

常時、上空にある数個の衛星からの信号をキャッチして、
現在位置を測定するので、特に日本で使う場合は日本語表示版が
最適だと思います。


そして、新機能の50m防水。

トライアスロンのレースで使うには、まずスイムで使えることが第一条件。

フォアアスリートシリーズで初のスイム対応になり、
しかもGセンサー内臓なので、スイムのストローク数やターン数のカウント、
更に泳法の特定までも可能となったのです。


さらに、バッテリーの稼働時間が20時間!

これまでの機種の倍以上もバッテリーがもつようになりました!

これでもうアイアンマンの距離でもセンチュリーライドでも
ウルトラマラソンでも大丈夫です。


私の使っているフォアアスリート405と、大きさを比べてみました。

121122mok.jpg
※フォアアスリート910XTJは実物ではなくモックですが大きさは
 実物と同じです。

厚みはほぼ同じですが、四角くなった分、かなり大きいです。

画面に最大4種類のデータを表示できます。
ひとつひとつの数字が読みやすいですね。


スイム、ランだけでなく、もちろんバイクにも使えます。

GPSでスピードを計測するので、ホイールに付けるセンサーも
いらなくなりますね。

ランにもバイクにも使いやすくなる、専用キットもありますよ。


長くなりましたが、最後に一つ、従来機種にあって、
フォアアスリート910XTJについていない機能があります。

それは時計表示機能。
立ち上がればすぐにトレーニングモード。
時計として使うものとは一線を画し、トレーニングに特化した
モデルなのです。

【補足】データ表示の中のひとつとして選択すれば時刻表示できます。


facebook_logo.jpg

twitter01.gif

フェイスブック、ツイッターで
ショップに集まってくるトライアスロン情報や商品情報、
blogの更新情報なども発信してます!
いいね!&フォローしてくださいね☆


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いします!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 グッズたーくさんあります!

最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ