海外レース出場のために必要なこと~現地での運転

ちょっと間が開きましたが、ポートマッコーリーレポートの続きです。

現地で借りたレンタカーはヒュンダイのワンボックスカー。
一番大きいタイプで、後ろのトランクにバイクケースが2つ、
余裕で入りました。

121128-17.jpg


レンタカーと一緒にナビも借りたので、
道に迷わないはず。

もちろん英語でしゃべるナビですが、
簡単な言葉しか言わないので、中学生レベルでも大丈夫でした。

121128-1.jpg


ちっちゃいナビだったので、広域にするとぜんぜんわかりませんでしたが、
曲がる所はちゃんと教えてくれました。(当たり前か…)

道路は左側通行だし、車も右ハンドルなので、
日本で運転しているのと同じで安心です。

空港を出て、ハイウェイをひたすら南下します。

121128-10.jpg
(この写真は帰りに撮ったものなので、北に向いてます)

ハイウェイって、高速道路のことかと思っていたら、
普通の幹線道路なんですね。
それでも制限速度は100kmから110㎞。
道が広いので、日本の高速道路と変わりませんね。

121128-2.jpg


そんな道路の側道は自転車道になっています。
自転車に乗る時はヘルメットをかぶらないと罰金だそうです。

121128-3.jpg


車が自転車道を横切る場所には必ずこの標識がありました。

121128-4.jpg

それから、日本と違うのは交差点。
ラウンドアバウトという信号機がない円形の交差点です。

ツール・ド・フランスなどでよく出てきますね。

時計回りの一方通行で、
進入する時は交差点内にいる車が優先です。

最初はドキドキでしたが、一旦通過してみると、
意外とカンタン。難しいことはありませんでした。

大きな交差点には信号がありましたが、
交通量の少ない道はほとんどこれです。

信号待ちもないし、Uターンもできるし便利な交差点だと思います。


オーストラリアは走っている車も日本とはスケールが違います。

トラックは長い!

121128-5.jpg


キャンピングカーもたくさん!

121128-7.jpg


飛行機を引っ張る車も!

121128-6.jpg


普通の乗用車の後ろにいろんなものを引っ張れるような
金具を取り付けている車が多かったです。


走っていると、日本のサービスエリアのような標識が時々出てきます。
でも、行ってみるとほとんどが普通のお店やガソリンスタンドで、
トイレにカギがかかっていて使えない所もありました。
トイレは行ける時に行っておくのが鉄則ですね。

121128-9.jpg


ガソリンスタンドでの給油はセルフです。
給油し終わったら、レジに行って自分の使った給油機の番号を言って
お金を払います。

121128-16.jpg

最初はそれがわからなくて、
隣の人がやっているのをじーっと見ていて、まねしました(^_^;


町と町の間は、ずっとこんな感じが続きます。

121128-11.jpg
(左の方の点々は牛です。)


途中、道路のすぐ脇にいる野生のカンガルーに出会いました。
10頭くらいいたでしょうか。
そっと車を止めて見ていると、しばらくこっちの様子をうかがって、
森の中へ消えて行きました。

121128-13.jpg

カンガルーやコアラ飛び出し注意の黄色い標識を
たくさん見かけました。
こんな道路のすぐ脇に住んでいるのですね。


460km走って無事ポートマッコーリーに到着。

121128-15.jpg


道路わきにはフリーの駐車スペースがあるので、
駐車場には困りませんでした。

道が広いので、こんな風に停めても余裕ですね。

121128-12.jpg


10月のポートマッコーリーは初夏。
紫の花がたくさん咲いていました。
日本の桜のような感じかな。
とっても綺麗でした!

121128-14.jpg


というわけで、車の運転は快適そのもの。
途中で寄り道したので、結局8時間くらいかかりました。
高速道路を運転して大阪から東京へ行ったような感じでした。


facebook_logo.jpg

twitter01.gif

フェイスブック、ツイッターで
ショップに集まってくるトライアスロン情報や商品情報、
blogの更新情報なども発信してます!
いいね!&フォローしてくださいね☆


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いします!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 グッズたーくさんあります!