第33回全日本トライアスロン皆生大会~vol.1

ご報告が遅くなりすいません。
皆生大会、無事完走いたしました

25年前に初めて出場して、今回で5回目の皆生。
初めて出場してからもう四半世紀になるのですね。
今、計算してみて自分でもビックリです。

過去4回の皆生では、スイム中止や距離短縮、体調不良、
コース間違いなど、毎回いろんなことがあって、
3種目やり切った感のあるレースができず、不完全燃焼。

今回こそは、と臨み、やっと最高の笑顔でゴールすることができました。
それにしても25年はちょっと時間かかり過ぎですね(^_^;)


さて、今回のレースレポートです。


今年の皆生は雨の予報にもかかわらず、
レース中は1滴の雨も降りませんでした。
スタート前は曇り空で気温25℃、波高0mという最高のコンディション。
お空の神様、ありがとう!

ミスタートライアスロン、小原さんの掛け声で雄たけびをあげ、
号砲とともにスタートです。

130718-2.jpg

今年からスタート地点が変わって少し狭くなりましたが、
思ったほど混雑せず、無難にスタート。
バトルはあったものの、それほどひどくはありませんでした。


130718-1.jpg


まずは最初の左折地点を目指します。
混雑を避けるため少し大回りで行ったつもりが、
帰りのブイの向こう側まで行ってしまったようで、
カヌーに乗った監視員の人たちが、
「左ー、左ー!!!」
と叫んでいます。
あわてて軌道修正。
ロープをくぐってコースに戻りました。

その後はほぼ順調に泳げましたが、
上がってみれば1:08もかかっていたので、
それほど順調でもなかったのかな?
最初のタイムロスもだいぶ響きましたね。

さて、気を取り直してバイクです。

トランジションを出てすぐ、チーム応援団の大声援に送られて
パワー充電!さぁ、145㎞の始まりです。

最初の40㎞は平坦なので、ここで固形物を食べておく作戦で、
パワーバーを2本、しっかりよく噛んで食べました。
前半は飛ばし過ぎず、抑えて抑えて。

途中で遭遇したチームのN西さんとずっと抜きつ抜かれつで、
「なんか練習会みたい~」
と、時々おしゃべりしながら走りました。

130718-4.jpg

その後始まった大山の坂も、ジェットコースターコースも、
それほど辛くなく、中山の折り返し後に少し内転筋がピクピクしたものの、
最後まで快適に走れたのは、坂&坂練習の成果かな?

ただ、最後の10㎞、日野川の河川敷はお約束の向かい風。
バイクが強風にあおられてふらつく場面もあり、
ここはペースが上がらず、我慢の走行でした。

バイクコースでは途中、何度もチーム応援団の大声援に
勇気づけられ、元気をもらい、ずっと笑顔で走れた気がします。

あの難関バイクコースが楽しかった!
坂嫌いの私がそう思えたのですから、大進歩!
タイムは6:24。
とても速いとは言えませんが、
私にとっては大満足です


長くなりそうなので、続きはvol.2へ。


最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ