第34回全日本トライアスロン皆生大会

梅雨が明けるかどうか…。
皆生は毎年微妙なのですが、今年も同様。
天気予報は晴れだったり雨だったり、
二転三転。

でも、金曜日に皆生入りしてから、
ずっといいお天気で暑かったので、
もしかして…と思っていたら、
やはり当日は皆生らしい熱いレースとなりました。

140722-3.jpg

レース当日の朝、海はべた凪。
スイムのコンディションは最高でした。

リレーの部も合わせて900名余りの選手が
一斉にスタート!

スイム3㎞、バイク145㎞、ラン42.195㎞。
総距離190.195㎞の闘いの始まりです。
140722-4.jpg

このアドバルーンが折り返し。
行って帰る一往復のコースです。
140722-2.jpg

一旦岸に上がって再び海へ。
今年は波がなく泳ぎやすかったせいか、
全体的にタイムが良かったようです。

店長もハイテンション!
26′30″くらいで折り返し。
140722-5.jpg

帰りも順調にスイムアップ。

そしてバイクへ。
朝は曇っていた空も、
バイクに入った頃から雲が切れてきて、
日差しが強くなってきました。

140722-6.jpg
140722-7.jpg
140722-22.jpg

日なたにいるとジリジリする感じ。
灼熱の予感です。

私たち応援団は、車で先回り。
コース上を走らないよう、別ルートで行きます。

皆生は交通規制をしていないので、
応援の車がコースに入っているのを見かけますが、
これはとても危険です。
応援しているのに、選手の邪魔になってしまっては、
元も子もないですからね。

大山を含むくねくねコースを走り終え、
これから中山の折り返しに向かって、
再び坂が始まるところ。

スタート時よりも影が濃くなっていますね。
140722-8.jpg

そしてランへ。
日影のほとんどないコースは、
山岳バイクとともに皆生の名物。
午後からの強い陽射しが選手の体力を奪っていきます。

ランの往路が正念場。
そんな辛い中でも、
私たちが応援すると、
皆さんいろんな形で答えてくれます。

応援している私たちが、
逆に選手からパワーをいただいています。

140722-09.jpg

そしてゴールへ。

140722-03.jpg

昨年、腰痛で苦しんだ店長も、
今年は想定通りに元気にゴール!

140722-04.jpg

熱い一日が終わりました。

昨年は選手として、今年は応援で、
大会に参加しました。
どちらも同じくらい大きな大きな感動をいただきました。

日本で一番伝統のある皆生大会。
トライアスロン発祥の地である誇りを感じる、
素晴らしい大会です。

選手の皆さん、ボランティア、スタッフの皆さん、
今年も素晴らしいレースをありがとうございました


最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ