晴れのち雨のち雹のち晴れ!

名古屋ウィメンズマラソンまであと1か月を切りました。

160218-1.jpg

去年はフルマラソンを走っていないので、2年ぶりです。

9月から少しずつ走り始め、11月には200㎞。
年末年始は何かと忙しくて、12月、1月は160㎞止まり。

2月になってここまでで100㎞。
今月は200㎞いくかな。

ここでちょっと長い距離を走っておかないと。
ということで、昨日は緑地でロング走。

出だしはいいお天気。
風は少し強いけど、日が当たるとぽかぽかです。

10㎞くらい走ったところからだんだん雲行きが怪しくなり、ポツポツ雨が。
天気予報は晴れマークだったので、すぐにやむだろうと思って
そのまま走っていましたが、だんだん強くなってきて、
気が付くとまわりに誰もいなーい

さすがに体も濡れて冷たくなってきたので15㎞でいったん帰宅。

すると、また晴れてきたので再び緑地へ。

天気予報を信じてますから、もう雨はないだろうと思って走っていたら、
今度は雹!
けっこう大粒のがバラバラ落ちてきました。

160218-2.jpg
白い粒々、わかるかな?

もーぅ、なんていう日だ~
お天気変わりすぎ

近くにいた高校生は、「わー雹や~!」とはしゃいでましたけど。

そして、走り終える頃にはまた晴れてきたのでした。

160218-3.jpg

最近、ランニングの本などで、7倍の法則とか、6分の1の法則などというのを目にします。
月間走行距離から導き出す、1回の練習で走っていい距離の目安です。

たとえば6分の1の法則に当てはめると、直近1か月間の走行距離は184㎞なので、
184÷6=30.6
月間184㎞の走行距離なら1回の練習で走っていい距離は30.6㎞まで。
そこで今回のロング走は30㎞。

練習でこれ以上走ると身体に大きなダメージを与えるだけで、回復に時間がかかる…。
これ、私の今までの経験からもよくわかるのです。

疲れが残ってしばらく練習できなくなると、その練習の意味がなくなってしまいますから。
それに、寒い時に大きいダメージを残すと故障につながりますからね。

ということで今回、ダメージはほとんどなさそうです。
途中で休んじゃったし

30㎞走ったご褒美は、だーい好きなスコーンとクロテッドクリーム

160218-4.jpg


あと1か月、怪我せずスタートラインに立てるように頑張ります