’07全日本トライアスロン皆生大会~vol.3

皆生レースレポート第3弾、バイク編その2です。

足がケイレンしそうになると、頼りになるクランプ・ストップ
いつもは早めに準備しておくのに、今年は準備をしたのが前日でした。
そして、その前日に一気に売れてしまったので、気がつくと在庫はゼロ。
(゜0゜;)

でも、ここ数年足がケイレンすることはほとんどなかったので、
まあ大丈夫だろうと、冷蔵庫に入っていた使いかけの2本を、バイクと
ラン用に持っていくことにしたのです。


さて、話はレースに戻ります。

30km過ぎあたりから両ふくらはぎがケイレンし始め、ごまかしも
効かなくなってきたのでクランプ・ストップを使い始めましたが、
それがあっという間になくなってしまいました。
使いかけで、それもほとんど入ってなかったみたいです。(T△T)

そこまで、チームガナスのNちゃんと、抜きつ抜かれつのデッドヒート。
(…と言っても、坂ではNちゃんが前に行き、平地では私が前に行くという
繰り返し)

お互い抜くたびに「わーい追いついたー」とか「坂ですよー」とか、
色々言いながら楽しく走っていました。それが、足がつってからは一気
につらい道のりに。Nちゃんにも「両足がつったよー」と泣き言を言って
しまいました。

それでも、なんとかならないものかと、エイドでバナナを何度ももらい、
足も、なるべくふくらはぎを伸ばすように、「かかと下げ回し」
(↓勝手に銘々)をしていたら、徐々に治まってきたのです。
070719.jpg

それからも何度か、発作が起きましたが、その度に、バナナと
かかと伸ばし攻撃でなんとかしのいでバイクゴールへ。

いつもなら、バイクゴール近くなると全身に疲労感が出てきて、
「早くバイクから降りたーい!」という気持ちになるのに、今回は
足は痛かったもののそれはありませんでした。やっぱりかなり短かった
感じです。

バイクタイムはトランジットも含めて2時間43分37秒。
トランジションでは、更衣室で全部着替えてトイレにも行ったので
それを差し引いて計算するとアベレージは約27.7km/h。

足がつったので後半ちょっとペースが落ちたかもしれませんが、
やっぱりちょっと頑張りすぎたかな。レースになると、どうも後先
考えずに突っ走ってしまう傾向があるようなので。f^_^;

そして、最後の2ndランへ。
続きは次回。。。

ranking_banner_o.gif

    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロンWEBショップ
 グッズたーくさんあります。