第25回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.3

スイムを終え、バイクスタートしてすぐに気づいたこと。
それは…

「スピードメーターが動いていないっ!」

昨日、バイクをセットする前は動いていたのに…。

しかたなく止まって、センサーの位置を動かしてみましたが
表示される気配なし。

もうこうなったらあきらめるしかない。

腕時計の時間と距離表示の看板を頼りに、だいたいの速度を
計算しながら行きました。

それにしても、電池は入れ替えたばかりだし、なんで???と
思いながらふと見ると、さっきまであったはずのメーターが…ない!

あー、さっき段差を乗り越えた時に飛んでいったんだ…と
気づいても、探しに行くわけにもいかず、ショックでしばらく
立ち直れませんでした。
福知山のご褒美のメーターだったのに…。

あとで考えたら、バイクセットする前に、雨に備えてメーターに
ビニール袋をかぶせて輪ゴムで止めていたんです。
でも、それだと光って見えにくいのではずした時に、メーターの
ロック部分に触ってしまって、たぶんロックが外れたんですね。

今ごろ理由がわかってもあとの祭。
とにかく、どのくらいの速度で走っているのかわからないので、
だいたいこのギアでこんな感じで回してこれくらい…と想像してました。

090422-7.jpg

宮古島のバイクコースは、島を1周半する155kmです。
スタートして北へ上がるまでは追い風で、良い感じだったのですが、
北端の池間島をまわってからは強烈な向かい風。

あとで聞いたら、地元のトライアスリートもびっくりするくらいの強風
だったそうです。

後輪がバトンのせいか、突風であおられることもしばしば。
片手で補給している最中で、こけそうになったこともありました。

090422-8.jpg

↑この写真、きつい坂を上りきった所ですが、ヘロヘロに
なっているのがよくわかります。顔は笑ってますけどね。

宮古島のコースは平坦で楽だって、よく言われてますけど、
そんなことはないです。

直線は多いので、DHポジションは長く使えますが、緩やかな
アップダウンの多いコース。今回はそれに向かい風が加わったので、
練習不足の身にはかなりきつかったです。

後半、2回目の池間大橋を渡ったあとは、何度もケイレンする脚を、
クランプ・ストップで押さえ込み、止まっているヒマはないので
バイクに乗ったままペダルを止め、脚を伸ばしてストレッチ。
DHポジションを取るのもきつくなって、最後はパッドの所を持って
走っていました。

メーターがなかったので、制限タイム内にバイクゴールできるのか
かなり不安でしたが、関門まで30分近く残してゴール。
ランに、少し時間を回すことができました。


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 トライアスロンウエア’09モデル入荷!