スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日に引き続き…

今日も横浜は暑かったようですね。

昨日に引き続き行われたトライアスロン世界選手権横浜大会。
5月に韓国のトンヨンで始まった世界選手権シリーズ全8戦。
横浜はその第7戦となります。
今日は男子。

日曜日とあって、昨日よりもギャラリーが多く、かなり盛り上がっていたようです。

昨シーズンの世界チャンピオン、スペインのゴメス選手、
北京五輪の金メダリスト、ドイツのフロデノ選手、
同じく銅メダルの、ニュージーランドのドカティ選手など、
強豪が出場した今回のレース。

その中で、スイムから果敢に攻めたのは田山選手でした。
トップとほとんど差がつくことなく集団のままバイクへ突入。
バイクでも序盤は先頭集団で引っ張りました。
この暑さの中ランはかなり厳しかったようですが、
ガマンの走りで13位。

レース後のインタビューでも、「自分スタイルのレースができた。」
と、笑顔で話していました。

そして、これから期待されるのが椿 浩平選手。
日本ジュニア選手権2連覇、17才の高校生です。

この大会は今年の12月31日までに18才になる選手が出場可能。
椿選手は12月23日に18才になるそうですから、たぶんこのカテゴリー
最年少ですね。

まだ初々しい表情の椿選手ですが、昨年の日本選手権では
総合7位に入っていて、実力もあります。

今回は苦手のスイムで40位と出遅れましたが、得意のランで
追い上げ、29位でフィニッシュ。

ゴール後は感極まっていたようで、見ている方も感動しました。

17才での世界選手権出場は、とても素晴らしい経験ですね。
これから大注目の椿選手。
ロンドンオリンピックを目指して頑張ってほしいです!

本日のレース速報はこちらへ↓
日本トライアスロン連合オフィシャルサイト


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 グッズたーくさんあります!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。