’09 Ironman Triathlon World Championship

ハワイでは続々とアイアンマンたちがゴールしています。

今年の優勝は、 クレイグ・アレクサンダー。
昨年に続いての2連覇です。

091011-1.jpg

バイク終了時点では9位。
トップを行くクリス・リエトから12分近く離されていましたが、
ランで前を行く選手を次々とパス。

20km手前で2位のクリス・マコーマックをパスし、この時点で
トップと6分差。

そして、33kmあたりでついにトップに立ち、そのままゴール。
昨年と同じような展開でした。

やはりランが圧倒的に強いですね。

黄色のceepoに乗ったジーナ・ファーガソンは、バイクの出だしは
良かったのですが…。

091011-4.jpg
レース前、グレッグ・ウェルチがceepo担当者にインタビュー
していました。やはり現地でも注目度は高かったようです。


優勝したクレイグ・アレクサンダーが乗っていたのは、オルベア。
電動デュラエースがついていましたね。
やはりトライアスリートには圧倒的に有利な道具だと思います。

<男子リザルト>
1 Alexander, Craig 8:20:21 AUS
2 Lieto, Chris 8:22:56 USA
3 Raelert, Andreas 8:24:32 GER
4 Macel, Tereza 9:23:43 CAN
5 Keat, Rebekah 9:25:48 AUS
6 McGlone, Samantha 9:30:28 USA
7 Joyce, Rachel 9:32:27 GBR
8 Lawn, Joanna 9:34:45 NZL
9 Wallenhorst, Sandra 9:38:28 GER
10 Griesbauer, Dede 9:40:59 USA

日本人選手では、チームゴーヤーの桑原寛次選手が
32位、09:07:41でトップ。続いて76位に西内洋行選手が
76位、09:23:13でした。


女子はクリッシー・ウェリントンが三連覇。
8:47:37という圧倒的なタイムでの優勝でした。
昨年のタイムを19分近くも短縮しての、見事なコースレコードです。

091011-7.jpg

コンディションが良かったとはいえ、男子優勝タイムは昨年より
悪いですからね。
総合で見ても23位!
ホントにすごい記録です。

091011-6.jpg

フィニッシュラインでゴロゴロ転がる姿はもう、恒例ですね。

チャンピオンの座を守るというのは精神的にも肉体的にも、
つらく苦しいことだと思いますが、そんな中での大幅なタイム更新は
本当に素晴らしい!
ゴール後、インタビューの時にも涙が止まらず、感激の様子でした。

091011-8.jpg

<女子リザルト>
1 Wellington, Chrissie 8:47:37 GBR
2 Carfrae, Mirinda 9:07:52 AUS
3 Berasategui, Virginia 9:08:31 ESP
4 Macel, Tereza 9:17:10 CAN
5 Keat, Rebekah 9:19:34 AUS

日本人女子トップは塩野絵美選手、20位、10:01:13。
続いて西内真紀選手が54位、10:31:57でした。


091011-2.jpg
こちらはエイジグループ、スタート直前の様子。
ウエットなしのフローティングスタートです。

091011-3.jpg
ハワイの海は本当にきれいですね。
いつかはここで泳いでみたい…。


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 グッズたーくさんあります!

最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ