第26回全日本トライアスロン宮古島大会~vol.5

スイムの距離は3㎞です。
午前6時の水温は21.5℃。
テンション高いせいか、冷たさを感じることなく快適な感じ。

まず最初のコーナー、600m地点を目指します。

100422-12.jpg

でも、ここが600mという目標が確認できません!
どこを目指すのかよくわからないけれど、とにかくみんなの
進む方へ。

後ろの方からスタートしたのにやっぱり凄いバトル。
両側から挟み撃ちにされたり、前を横切られたり。
みんな、いったいどこを目指してるんだか…。


ふと底を見るとダイバーがこちらを見上げています。
思わず手を振りたくなりましたが、スイムの遅い私が、
そんなことをしている場合ではない!

しばらく行くとバトルは解消。
けっこう快調です。

私はラッキーなことに右オープンなので、右回りで三角形に泳ぐ
宮古島では、常にブイを確認しながら泳ぐことができます。

海では蛇行してしまう癖があるので、できるだけブイとの距離を
一定に保つよう気をつけながら泳ぎます。

もうそろそろ600m泳いだかなと、ヘッドアップ。
でも、コーナーが見あたらない。

もしかして、快調なのは気のせい?
ちょっと不安になりながらも先へ進みます。

一時解消されたバトルは、またしばらくするとやってきて、
そしてまた解消していきます。

泳力がないのはわかっているので、常にお先にどうぞ~と
いう感じ。

もっと後ろからスタートすればよかったかな…。

100422-11.jpg

そうこうしているうちに、目の前にコーナーが見えてきました。
かなり鋭角なコーナーです。

…ということはこれは第2コーナー。

第1コーナーは知らないうちにターンしてたみたいです。

第2コーナーは1700m。
ここを50分以内に通過しないと先へ進めません。

今回は時計をしないで泳いだので通過タイムはわかりませんが、
ボートの上の審判が特に動いていなかったので、無事に通過
したようです。

そして、あとは一直線にスイムフィニッシュを目指すのみ!

でもここからが向い潮。

昨年もそうでした。

今年はそれほど波はないものの、なかなか前へ進みません。

かなり泳いだかなーと、ヘッドアップしても、まだまだ
東急リゾートは遥かむこう。

遠いなぁ~。

そういえば昨年はこのあたりで波に押し戻されながら、
底にある、魚が作ったであろう砂山を見ていたなぁ。

なんて思っていたら、底に大きなサンゴがあり、そこに
きれいな紫色の熱帯魚がいっぱい!

これが見られただけでも、宮古島に来た価値があります。
ちょっと感動。


そしてゴールが近づくにつれ、みんな先に行ってしまったせいか、
バトルはなくなり快適に。

ヘッドアップすると、立ち上がって走り出す選手が見えます。

あー泳ぎ切ったんだー。

今年は脚がケイレンする事もなく、スイムゴールできました。

タイムを見ると、1時間6分!
去年より12分も早い!

いや、去年が遅すぎたんですが、それでも1時間6分は上出来です。

ウエットを脱ぎながら砂浜を上がり大混雑のシャワーへ。
ひとり分の隙間を見つけて入り込み、しっかり塩分を落としました。

そして自分のスイムフィニッシュバッグをラックから取り、
着替えのテントへ。

昨年は曇っていたにもかかわらず、けっこう日焼けしてしまったので
今年は日焼け止めを、いつもよりしっかりと塗ります。

ここで焦るあまり、いい加減に塗ってしまうと、あとでものすごく
後悔することになりますから。

ファンデーションまでしっかり塗って、腕にはアームカバー、
脚にはレッグカバー。

これで完璧!

トイレにも行って、バイクラックに行ったら、もうほとんどバイクは
ありませんでした。

スイムで速かった分、トランジットに時間をかけすぎたかなー。

まぁでも、これからの長い道乗りを考えると、これくらいの時間は
どうってことないです。


バイクのスタートラインに行くと店長がいました。
チームガナスのメンバーの奥様とお子さんの、かわいい応援団も。

100422-20.jpg

元気をもらって、さあ、155㎞の風との戦いの始まりです。


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 グッズたーくさんあります!

最新トライアスロン情報発信中!
GANASに↓いいね!&フォロー↓お待ちしてます☆

facebook_fuo_s.gif twitter_awg_s.gif


 トライアスロン専門店 グッズたーくさんあります!
 アスリートワールド ガナス
 ガナスWEBショップ