奈良マラソンで役に立ったもの~その2

(すいません、かなり長いです。)


奈良マラソンから1週間。
もう身体はすっかり元に戻っています。

これまではランを重点的にやっていましたが、
これからは宮古島に向けてスイム、バイク、ランの3種目を
バランスよくやっていこうと思います。

さて、奈良マラソンで役に立ったもの~その2は、
GARMIN フォアアスリート405です。

1万人が参加した奈良マラソン。

最初の方は道が狭い所もあり、立ち往生する場面もありました。
はじめは下り基調なので飛ばし過ぎるんじゃないかという心配は
いらなかった感じ。

(あとになって考えてみると、これがかえって良かったのかもしれませんが。)

そんな状況で、距離表示も全く見つけることができず、
時計だけを見て走っている人は自分のペースを把握することが
難しかったと思います。

そこで役に立ったのがGARMIN フォアアスリート405

GPS受信機が内蔵されている時計型ウォッチなので、
今、キロ何分ペースで走っているかを表示してくれます。

これは本当に心強かった。

混雑していた集団がだんだんバラけてきて、走りやすくなると、
やはり、ついついペースが上がりがちでしたが、
表示を見て修正することができたし、
逆に上りでは、ペースダウンしたところをもう少し上げるのに
役立ちました。

ただ、35km過ぎからはもう表示を見る余裕もあまりなく、
残り2㎞くらいからは女性ランナーと抜きつ抜かれつになり、
もうタイムのことはどうでもいいっという感じになってしまっていました。

その女性ランナーとは競技場に入るまでデッドヒートだったんですが、
最後は私が力尽きて置いて行かれちゃいました。

ちょっと悔しかったですが、彼女のおかげで50分が切れたかと思うと
感謝です

101212-1.jpg

アベレージは5:24/km。
これは目標だったので大満足。
このペースで走れたのはまさにGARMINのおかげです。


距離が42.51kmになっていますね。
ちょっと長かった?

平均心拍は164bpm。
この前、練習で42km走った時は149bpmでしたから、
だいぶ頑張ったことがわかります。

データをパソコンにアップして心拍のグラフを見てみると、

101212-3.jpg

最後のデッドヒートで心拍がMAXに
でも、ゴールした後の爽快感は格別でした。

それにしても10㎞までは下り~ほぼ平坦なのに、
ちょっと心拍が上がりすぎ。

アップ不足?

いや、スタート前に長いこと並んで待ってましたから。
仕方ないですね。

10㎞くらいからやっとエンジンかかってきてる感じですね。
そういえば練習の時もそうです。

スロースターターなんです。

こんなふうにあとから結果を分析できるっていうのも楽しいですよ。


ただ、稼働時間が約8時間ということと、日常生活防水なので、
トライアスロンのレースでスイムから使うことはできません。

日本語表示版でこれ以上の機能のものは残念ながら
出ていないんですよね。

でも、ランの時には使えます。

スイムで時計は見ないし、バイクではサイクルコンピューターが
ありますからね。

私にはこれで十分、今や私の良きパートナーです。


ツイッターやってまーす!
フォローしてくださいね(^_-)-☆


ツイッターって何?っていう方はこちら


☆人気ブログランキング☆
いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m
blogranking_o.gif
    ↑本日もクリックで応援お願いしまーす!

g_mark.jpg
 トライアスロン専門店
 グッズたーくさんあります!